パーパス

【信長のパーパス】信長が掲げた「天下布武」の成功

信長が掲げたパーパス「天下布武」

昨今、海外及び日本においても、グローバルな活動をしている企業が「パーパス」を制定する事例が増えてきています。

企業は今まで生活を物質の面で満足をさせる事で社員のモチベーションアップを図っていましたが、社会全体の意識の変革によって金銭や待遇以外でのモチベーションアップが必要となってきました。

特に、1980~1995年に生まれたミレニアル世代や、それに続く1996年~2015年に生まれたZ世代にとって、給料やボーナスの多寡だけでは十分な働き甲斐を感じられなくなっています。

そんな彼らに働き甲斐を感じ幸福感を満たせるために企業が提示するものがパーパスと言われています。

パーパスとは何かという点では、未だに曖昧な点もありますが、「目的」や「存在意義」と訳される事が多く、概ね「その企業独自に提供できるもので、社会に対して貢献できる内容」というイメージだと思います。

自社の特徴による社会貢献」が、その組織のパーパスであり、いわゆる存在意義となります。

 

グローバル企業のパーパスの実例

企業の実例を見てみると、下記のようになっています。

ソニーグループ
「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」
NIKE 「スポーツを通じて世界を一つにし、健全な地球環境、活発なコミュニティ、そしてすべての人にとって平等なプレイングフィールドをつくり出す」
ユニリーバ 「サステナビリティを暮らしの“あたりまえ”に」

従業員たちは、企業の掲げるパーパスと、自分の中にあるパーパスとが合致する事で、働くことへのモチベーションへとつながるようです。

お金のために働くのではなく、会社を通じて社会に貢献しているという実感が働き甲斐へと直結するようになってきました。

多様性が求められるグローバル企業では、従業員が働き場所を決める重要な要素となってきています。

ただ、今までの企業や組織がパーパスを持っていなかったのかというと、そうではなく企業のホームページにパーパスと明言していないだけで、暗黙知のように何となく共有されていました。

違いとしては、現在のパーパスのような社会全体への貢献という視点が弱く、限られた範囲の中での自社の利益や成長に直結したものが多かったのかもしれません。

高度成長期の日本などでは、自社の利益や成長が、自身の給与やボーナスなどの待遇に反映される事で働き甲斐となっていました。

どのような企業や組織であっても立ち上げの際には、パーパスらしきものを持って活動を始めているはずです。

同様に戦国時代の織田信長も組織を運営し拡大していく上でパーパスらしきもの掲げます。

それが、あの有名な「天下布武」です。

 

幕府再興による天下布武が支持される

織田信長が、天下布武の印章を使い始めたのは、美濃の斎藤氏を攻略し、井ノ口という地名を岐阜と名付けた1566年ころです。

後の15代将軍となる足利義昭からの支援要請を受けており、幕府再興へと着手するための大義として掲げたのが始まりと言われています。

以前までは、信長が日本全国の統一を目的としていたと考えられていましたが、現在では、義昭を伴い京へ上り、五畿内(山城、大和、河内、和泉、摂津の5ヵ国)を室町幕府の統制下に戻すことだとされています。

この時点での天下が示す範囲は、現在の京阪神奈ぐらいの狭いエリアの事でした。

また布武という言葉についても、これまでは織田家の武力で平らげるという捉え方でしたが、七徳の武を布き社会を安定をさせるという意味だった事が通説になっています。

武の七徳
禁暴 - 暴を禁ず-暴力のない、優しく穏やかな世の中に
治兵 - 兵を治む-争いのない、泰平の世の中に
保大 - 大を保つ-皆が誇れる、誉れ大きな世の中に
定功 - 功を定む-功績や努力が、讃えられる世の中に
安民 - 民を安んず-心から安らげる世の中に
和衆 - 衆を和らぐ-仲睦まじく和みのある世の中に
豊財 - 財を豊かにす-美しく、実り豊かな世の中に

信長は、自身の軍事力・経済力と幕府再興の大義の元で、秩序ある安定した社会に戻す事を目的としていました。

信長の「幕府再興による天下布武」というパーパスは一定の支持を得ることができました。

その結果、幕府を壟断する三好三人衆を阿波へ撤退させる事に成功し、大きな抵抗もなく義昭を15代目の征夷大将軍に就ける事に成功しました。

これは、信長のパーパスが自身の家臣だけでなく、周辺の大名や勢力であるステークホルダーからも支持をされた結果です。

周辺勢力である南近江の蒲生家や大和の松永久秀なども、この頃に織田家と臣従または同盟関係となりました。

また、細川藤孝、明智光秀、和田惟正などの有能な幕臣たちとの関係性も構築できました。

信長の天下布武に賛同したものたちが麾下に集まる事で室町幕府再興はスムーズに成功しました。

一時的にではありますが、信長が設定したパーパスは成功を収めました。

 

まとめ

信長が掲げた幕府再興による天下布武というパーパスによって、織田家の家臣団は私利私欲の戦いから、幕府再興という大義ある戦いへと昇華されたことでモチベーションが高まったと思います。

朝廷や幕府から信任を得て支持された事で、尾張や美濃を支配する上での正当性を裏付けする事もできました。

当初の信長は、天下布武の旗の元、五畿内の政治は義昭が率いる幕府に任せ、織田家はその後援者という立場で東海エリアでの勢力拡大に努めようとしていました。

しかし衰えきった幕府権力では五畿内の統制には無理があり、また義昭が行う裁定や処置への反発も起こり、三好家などの反信長派に追い詰められて義昭が裏切ります。

次回は、幕府再興による天下布武から織田家による天下布武へとパーパスが変わった結果、何が起こったのかを見ていきたいと思います。

 




人気の記事

1

伊達政宗の独眼竜ブランドを活用した生き残り戦略 南奥州の覇者とも呼ばれる伊達政宗ですが、年齢的には織田信長の孫の織田秀信と近いので、信長や秀吉よりも三世代も若い戦国大名です。 若手のイメージの上杉景勝 ...

2

現代にも通じる中小大名の生き残り戦略の巧みさ 戦国時代は、乱高下の激しい時の証券市場のように、一つの判断を誤るだけで大損失ならぬ大被害に合い、御家の滅亡に繋がります。 特に、真田家のような10万石以下 ...

3

豊臣秀吉や明智光秀を輩出した織田信長の人事制度 戦国時代に、革新的な事績を残した戦国大名と言えば、織田信長を思い浮かべる方が多いと思います。 ただ、昨今の研究では、かの有名な楽市楽座を初めに導入したの ...

4

剣術に禅の精神性・思想性を加えて差別化した柳生宗矩 柳生十兵衛が有名な柳生家は、現在の奈良市の柳生町周辺にあった柳生庄の土豪として、戦国時代には松永久秀の配下として、大和国内の戦などで活躍していました ...

-パーパス

© 2022 戦国SWOT Powered by STINGER