戦国SWOT一覧

戦国SWOTが書籍化。「SWOT分析による 戦国武将の成功と失敗」10/1発売予定

戦国SWOTが書籍化。「SWOT分析による 戦国武将の成功と失敗」10/1発売予定

 

当ブログで発信してきた戦国SWOTが、ビジネス教育出版社より「SWOT分析による 戦国武将の成功と失敗」として10/1に発売予定です。

戦国SWOTは、「戦国時代×経営者=戦国武将」として、戦国武将の生きざまから現代のビジネスや経営の参考になる知見を見つけ出す事を目的としています。

多くの戦国武将を、現代のビジネスフレームワークのSWOT分析などを使って、分析・考察してきました。

有名な伊達政宗からマイナーの極みである肝付兼亮までと、幅広く扱ってきました。

書籍版では、その中からテーマ毎に選択抽出し、総勢12名の戦国武将を取りあげています。

テーマは、事業承継、ブランディング、組織改革、独自戦略の4つで、下記のようなラインアップです。

  1. 事業承継:武田勝頼、上杉景勝、北条氏政、
  2. ブランディング:伊達政宗、立花宗茂、真田幸村
  3. 組織改革:島津義弘、最上義光、佐竹義宣
  4. 独自戦略:柳生宗矩、千利休、来島通総

また、テーマ毎のまとめでは、井筒範子さんのグラレコを使い、ビジュアル的に一目ですぐ分かるようにしてみました。

 

書籍情報

AMAZONでは、予約販売がスタートしております。

よろしければ、ぜひご予約ください。

タイトル:SWOT分析による 戦国武将の成功と失敗
出版社 ‏ : ‎ ビジネス教育出版社 (2021/10/1)
発売日 ‏ : ‎ 2021/10/1
言語 ‏ : ‎ 日本語
ISBN-10 ‏ : ‎ 4828309160
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4828309163

 

人気の記事

1

伊達政宗の独眼竜ブランドを活用した生き残り戦略 南奥州の覇者とも呼ばれる伊達政宗ですが、年齢的には織田信長の孫の織田秀信と近いので、信長や秀吉よりも三世代も若い戦国大名です。 若手のイメージの上杉景勝 ...

2

現代にも通じる中小大名の生き残り戦略の巧みさ 戦国時代は、乱高下の激しい時の証券市場のように、一つの判断を誤るだけで大損失ならぬ大被害に合い、御家の滅亡に繋がります。 特に、真田家のような10万石以下 ...

3

豊臣秀吉や明智光秀を輩出した織田信長の人事制度 戦国時代に、革新的な事績を残した戦国大名と言えば、織田信長を思い浮かべる方が多いと思います。 ただ、昨今の研究では、かの有名な楽市楽座を初めに導入したの ...

4

剣術に禅の精神性・思想性を加えて差別化した柳生宗矩 柳生十兵衛が有名な柳生家は、現在の奈良市の柳生町周辺にあった柳生庄の土豪として、戦国時代には松永久秀の配下として、大和国内の戦などで活躍していました ...

-戦国SWOT一覧

© 2021 戦国SWOT Powered by STINGER