SWOT分析

戦国SWOT分析士 二次試験問題

戦国SWOT分析士 二次試験問題

書籍「SWOTによる戦国武将の成功と失敗」を購入いただいた方に、戦国SWOT分析士の二次試験問題をご提供します。

一次試験は、書籍を購入した方は、無条件でクリアしたという設定です。

戦国SWOT分析士とは、現時点では架空の資格です。今後、どうなるか分かりませんが。

令和三年度 戦国SWOT分析士 二次試験問題はこちらからダウンロード

 

人気の記事

1

伊達政宗の独眼竜ブランドを活用した生き残り戦略 南奥州の覇者とも呼ばれる伊達政宗ですが、年齢的には織田信長の孫の織田秀信と近いので、信長や秀吉よりも三世代も若い戦国大名です。 若手のイメージの上杉景勝 ...

2

現代にも通じる中小大名の生き残り戦略の巧みさ 戦国時代は、乱高下の激しい時の証券市場のように、一つの判断を誤るだけで大損失ならぬ大被害に合い、御家の滅亡に繋がります。 特に、真田家のような10万石以下 ...

3

豊臣秀吉や明智光秀を輩出した織田信長の人事制度 戦国時代に、革新的な事績を残した戦国大名と言えば、織田信長を思い浮かべる方が多いと思います。 ただ、昨今の研究では、かの有名な楽市楽座を初めに導入したの ...

4

剣術に禅の精神性・思想性を加えて差別化した柳生宗矩 柳生十兵衛が有名な柳生家は、現在の奈良市の柳生町周辺にあった柳生庄の土豪として、戦国時代には松永久秀の配下として、大和国内の戦などで活躍していました ...

-SWOT分析

© 2021 戦国SWOT Powered by STINGER