ニュース

【戦国SWOTニュース】徳川秀忠二代目征夷大将軍就任、大阪方への警戒を強化

1/20にバイデン次期大統領が就任式をワシントンで行うようですが、過激なトランプ大統領支持者による暴動やテロを警戒して、州兵による警備体制を強化しているという報道がありました。

自由と民主主義の法治国家として、世界のリーダーを標榜していたアメリカで、大統領選挙に関する混乱が未だに続いており、就任式後も予断を許さない状態が継続しそうです。

現在、アメリカの政権移譲に過去にない緊張感が走っています。

これは、戦国時代でも同じです。

関ケ原の戦いのあとに、実権を獲得した徳川家康は、征夷大将軍に就任し、すぐに秀忠に将軍職を譲りました。

それにより、徳川家が将軍職を世襲し、幕府を運営していく事を内外特に豊臣家に示します。

戦の直後は、徳川家が東日本を、豊臣家が西日本を分担して管轄する体制を敷いていたとも言われており、一定の時期までは豊臣家も公家の摂関家として、幕府と併存していました。

平安から鎌倉への移行時と同じイメージです。

ただ、いつまでたっても完全な政権移譲に応じない(臣下の礼を取らない)豊臣家と過激な支持者たちと、幕府の対立が激化して、大阪の陣へと発展します。

過激な支持者たちによる内ゲバによる主導権争いが起こるなど、集団浅慮(グループシンク)を起こし、過激な選択(リスキーシフト)して、勝ち目のない戦いで滅亡へと導いてしまいました。

過激な支持者には豊臣家の為というよりも「自己保身」「承認欲求」「復讐心」と自分の為に豊臣家を利用している者も多かったのは間違いないでしょう。

真田幸村、後藤又兵衛、明石全登、毛利勝永、片桐且元、大野治長、大野治房、織田有楽斎、織田頼長なども思いはバラバラでした。

また徳川家にそう誘導されていた面もあると思います。

その責任を当主の秀頼が負わされる事になり豊臣家は滅亡しました。

アメリカも同じような事態にならない事を祈ります。

人気の記事

1

伊達政宗の独眼竜ブランドを活用した生き残り戦略 南奥州の覇者とも呼ばれる伊達政宗ですが、年齢的には織田信長の孫の織田秀信と近いので、信長や秀吉よりも三世代も若い戦国大名です。 若手のイメージの上杉景勝 ...

2

現代にも通じる中小大名の生き残り戦略の巧みさ 戦国時代は、乱高下の激しい時の証券市場のように、一つの判断を誤るだけで大損失ならぬ大被害に合い、御家の滅亡に繋がります。 特に、真田家のような10万石以下 ...

3

豊臣秀吉や明智光秀を輩出した織田信長の人事制度 戦国時代に、革新的な事績を残した戦国大名と言えば、織田信長を思い浮かべる方が多いと思います。 ただ、昨今の研究では、かの有名な楽市楽座を初めに導入したの ...

4

剣術に禅の精神性・思想性を加えて差別化した柳生宗矩 柳生十兵衛が有名な柳生家は、現在の奈良市の柳生町周辺にあった柳生庄の土豪として、戦国時代には松永久秀の配下として、大和国内の戦などで活躍していました ...

-ニュース

© 2021 戦国SWOT Powered by STINGER