ニュース

【ソフトバンクの情報漏洩】徳川家元家臣による情報漏洩

先日、ソフトバンクが楽天モバイルに転職した元社員が不正競争防止法違反の容疑で逮捕されたと発表しました。

元社員がソフトバンクから5Gなどの技術情報を不正に持ち出したとしています。

いつの時代でもライバルの機密情報は、喉から手が出るほど欲しい重要なものです。

これは、戦国時代でも同じです。

豊臣秀吉が小牧長久手の戦いで徳川家康と講和した後、突如、徳川家の機密情報に詳しい立場である腹心の石川数正が出奔し、秀吉の直参大名となりました。

出奔の理由については、いろいろな説があります。

  • 8万石の大名身分に目が眩んだ
  • 家康の長男の信康事件への反抗
  • 徳川家中での派閥争い

代々受け継がれてきた軍制などの機密情報を持ち出された徳川家は、慌てて武田家流の軍制に転換をしたそうです。

家臣一人の行動によって、大きな負担を強いられる事になりました。

しかし、これをきっかけに徳川家における武田家のノウハウへの重要性が増し、武田の旧臣の地位向上が図られるなどイノベーションへと繋がります。

現代でも機密情報のセキュリティは重要ですが、それを扱う社員たちへの教育およびフォローアップ、法的なガバナンス整備などの事前対応も重要です。

ちなみに、石川家は次代の康長が、1613年に徳川幕府によって、大久保長安事件への連座を理由に改易されています。

人気の記事

1

伊達政宗の独眼竜ブランドを活用した生き残り戦略 南奥州の覇者とも呼ばれる伊達政宗ですが、年齢的には織田信長の孫の織田秀信と近いので、信長や秀吉よりも三世代も若い戦国大名です。 若手のイメージの上杉景勝 ...

2

現代にも通じる中小大名の生き残り戦略の巧みさ 戦国時代は、乱高下の激しい時の証券市場のように、一つの判断を誤るだけで大損失ならぬ大被害に合い、御家の滅亡に繋がります。 特に、真田家のような10万石以下 ...

3

豊臣秀吉や明智光秀を輩出した織田信長の人事制度 戦国時代に、革新的な事績を残した戦国大名と言えば、織田信長を思い浮かべる方が多いと思います。 ただ、昨今の研究では、かの有名な楽市楽座を初めに導入したの ...

4

剣術に禅の精神性・思想性を加えて差別化した柳生宗矩 柳生十兵衛が有名な柳生家は、現在の奈良市の柳生町周辺にあった柳生庄の土豪として、戦国時代には松永久秀の配下として、大和国内の戦などで活躍していました ...

-ニュース

© 2021 戦国SWOT Powered by STINGER